講師(右)の指導で収穫体験に取り組む参加者=松崎町岩科南側

 松崎町で耕作放棄地解消や農業の普及促進に努める松崎稲作塾(鈴木茂孝代表)はこのほど、「稲刈り・伊豆バーベキュー体験会」を同町の岩科南側のとんび農園で開いた。

 農業への理解を求めることや松崎町のPRを兼ねた企画で、沼津市や伊豆市などからホテル勤務者を中心に18人が参加した。

 稲刈りでは有機農家の指導の下、手作業と稲刈り機を使った収穫を体験し、爽やかな汗を流した。

 昼食のバーベキューでは川のりコロッケ、イノシシ肉など松崎町をはじめとした伊豆地域の名産品が並び、参加者は舌鼓を打った。新米2品種を使ったおにぎりの食べ比べなども行い、交流を深めながら楽しんだ。

 鈴木代表は「参加者にも伊豆半島の農業や生産物、地域の魅力を仕事を通じて発信してもらえたらうれしい」と話した。

 【写説】講師(右)の指導で収穫体験に取り組む参加者=松崎町岩科南側