海保の制服を着て記念写真を撮る親子=南伊豆町石廊崎

 南伊豆町の石廊埼灯台が27日、一般公開された。来場者は普段は入れない上部踊り場から、半島南端の海抜60メートルの眺望を楽しんだ。下田海上保安部や観光関係者の催しもあり、にぎわった。

 灯台の上からは大瀬や下流の連なる岬や伊豆諸島が望め、子どもや若者客は歓声を上げて喜んだ。ペーパークラフトのプレゼントや海保の制服試着会もあった。南伊豆東小2年の菊池春来君は「下田までずっと見えた。伊豆半島って広いなって思った」と話した。

 灯台の日(11月1日)関連企画。同灯台は1871年に初点灯し「日本の灯台50選」に選ばれている。

 【写説】海保の制服を着て記念写真を撮る親子=南伊豆町石廊崎