松崎町は来春の実施を見送った「田んぼをつかった花畑」について、2020年から再開する方針であることを、町議会12月定例会の渡辺文彦氏の一般質問の中で明らかにした。

 花畑は町が19年の実施を見送り、有志でつくる松崎花畑実行委員会(端山智充委員長)が実施に向けて活動してきた。

 渡辺氏は町に、今後の展望を質問した。長嶋精一町長は「以前と同じにするのではなく、民間(委員会)が行うエリア以外の部分について、面積や花の種類を変え、協力し合いながら行っていきたい」と答えた。

 町によると、実行委が行うエリア外に町が種をまき、公民が協力した「花畑」とする計画という。

 端山委員長は本紙の取材に対し、「来春の内容を踏まえ、以降の実施についても検討していく。委員会は委員会としてやるべきことをやっていく」と答えた。