ニューサマーオレンジを素材にした新規の地域認定商品

 ■継続合わせ58品目に

 東伊豆町産業団体連絡会(会長 太田智康・町商工会長)は27日、地域資源を生かした食品などの第2回町地域認定商品の審査結果を発表した。新規に18品目(10事業所)を認定、第1回からの継続も40品目(15事業所)を認め、同商品は合わせて58品目となった。1月16日に行う町新年賀詞交歓会で披露される。

 新規認定では、特産のニューサマーオレンジなどかんきつ類を素材にした商品が注目され、地キンメダイ「稲取キンメ」の商品も多かった。同連絡会は「第1次産業の振興への寄与が期待される」と話した。

 同商品は、優れた特産商品を発掘し広く発信することで町のイメージアップ、産業振興を図ろうと2016年度に事業化した。第2回には新規24品目(13事業所)と継続43品目(15事業所)の計67品目が申請され、地域性や独自性、素材へのこだわり、製法、魅力などを基準に審査した。

 新規の地域認定商品と事業所は次の通り。

 稲取キンメの陸漬け(姿煮用)同(アクアパッツァ用)同(酒蒸し風)稲取キンメの潮汁、サザエ飯の素=鮮の恵▽きんめ鯛みそ太郎=田村丸水産▽サザエ御飯、しらす御飯=徳造丸▽稲取金目とオリーブオイルのハーモニー=山田屋海産▽金め鯛のみそ漬伊豆稲取産=山長水産▽ニューサマーオレンジ・ピール、同・ジャム、甘夏ピール、同ジャム=喜楽▽ニューサマーオレンジ・スパークリング=伊豆東ワイン▽IZU羹=甘味しるこや悠遊庵▽甘夏っちーフロランタン=きやりば農園▽だいだいマーマレード=伊豆上山園

 【写説】ニューサマーオレンジを素材にした新規の地域認定商品