砂浜を駆け抜ける高校生たち=南伊豆町の弓ケ浜海岸

 ■年末行事の合同合宿

 県東部6高校の陸上部が26~29日、合同合宿を南伊豆町の弓ケ浜海岸周辺で行っている。年末の恒例行事で、高校生約200人が1・2キロの砂浜を力強く駆け抜けている。

 伊豆中央、加藤学園、韮山、沼津東、三島北、吉原が参加した。短距離選手は長い砂浜を使ってインターバル走や筋力トレーニングを行う。長距離選手は青野川の堤防や石廊崎などを走る。

 宿泊は民宿などを使い、夜は弓ケ浜温泉で疲れを癒やす。合宿からは箱根駅伝の出場者など有名選手が多数輩出しており、韮山高陸上部顧問の川口雅司教諭は「風光明媚(めいび)な場所で練習できるのはありがたい。地元の協力があってこそだ」と話した。

 【写説】砂浜を駆け抜ける高校生たち=南伊豆町の弓ケ浜海岸