認定ジオガイド(中央)の説明を聞きながら地層を見学する参加者=下田市須崎の爪木崎

 下田市は6日、本年度の「下田おもてなしジオ研修」を実施した。下田を中心に南伊豆町や東京都などから男女18人が参加し、地元のジオサイトを巡りながら地形の成り立ちや特徴について理解、関心を深めた。

 伊豆半島の世界ジオパーク認定をきっかけに始まった2年目の取り組み。伊豆半島ジオパーク推進協議会認定ジオガイドの斉藤武さんと青木真由里さんが講師を務めた。

 参加者は田牛の龍宮窟やサンドスキー場、白浜神社などを見学。須崎の爪木崎では、数百万年前にできたとされる安山岩や柱状節理を観察し、有名女優が出演するCMの撮影場所、爪木埼灯台なども見て回った。

 東京都町田市から参加した高野一大さん(61)は「地層の成り立ちを理屈をもって説明してもらい、非常に興味深かった」と感想を語った。

 【写説】認定ジオガイド(中央)の説明を聞きながら地層を見学する参加者=下田市須崎の爪木崎