あいさつする山田会長=下田市の道の駅・開国下田みなと

 下田市観光協会は27日、同市外ケ岡の道の駅・開国下田みなとで本年度の総会を開いた。37人が出席し、「水揚げ量日本一」のキンメダイの年間PRやガイドの増強など本年度計画を承認した他、役員改選で山田孝志会長を再選した。

 キンメダイは季節を問わず水揚げされるとして、毎年6月に開いていた「きんめ祭」を本年度は開かず、年間PRに移行した。ほかに、伊豆半島世界ジオパーク認定などの影響もありガイドの必要性が高まっていることから、有料ガイドの予算を増やした。

 継続事業としては、静岡デスティネーションキャンペーン(DC)企画として昨年度企画した群生地近くの休憩所「あじさいテラス」と「あじさいカフェ」など。

 続投が決まった山田会長は「会員に協力してもらい、下田の観光開発、より一層の発展を目指していきたい」と話した。

 【写説】あいさつする山田会長=下田市の道の駅・開国下田みなと